大豆ハム(だいずハム)

大豆ハム

大豆ハムは、大豆たんぱくを中心に、卵白などを混ぜて作ったハム状の食品です。

肉ハムの危険性と大豆ハムに変えたい理由

一般的な肉ハムには、有害とされる様々な物質がたくさん含まれています。

アトピー、ぜんそく、花粉症、じんましんを誘発すると言われている有害物質。
・ 安息香酸(あんそくこうさん) : 抗菌
・ ソルビン酸 : 合成保存料

発がん物質を生成すると言われている有害物質
・ 亜硝酸ナトリウム : 合成着色料

ハムは原材料が肉なので、細菌感染などによって食中毒の危険性もあります。

スポンサーリンク

その点、大豆ハムは肉ではないのでこれらの添加物は使っておらず、また、未開封であれば冷蔵保存すら必要ありません。

大豆ハムは通常のハムほど弾力はないものの、食感も普通のハムとよく似ているのでハムのように食べることができます。

断面はハムそっくりです。

スライスしたら、ハムそのものです!

大豆ハム のネットショッピング

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で