スムージーと酵素の関係 〜 酵素の効能、ダイエットが失敗する理由とは?

スムージーと酵素

豆乳を使ったスムージーは、生の野菜をジュース状にして飲むことができるので、生きた酵素をたくさん摂れて栄養バランスの良い飲み物ですね。

ここでは酵素をできるだけ身体に良い形で取り入れるために、少し気をつかっておいたほうが良い点を説明しておきます。

酵素とは

私たちの身体には、様々な酵素が働いています。

消化吸収を助ける消化酵素、呼吸や排泄物を出すための代謝酵素など、食べたものが身体から出ていくまでの間に、あらゆる酵素たちが働いて身体をつくり維持しています。

身体の酵素の量は人によっても異なり、牛乳を飲んだらお腹の調子が悪くなる人や、代謝がされずに脂肪へと変わってしまうなど、そうした多くの原因は酵素不足によるものだと言われています。

また、加齢と共に身体の酵素は減少してゆきます。

つまりこの酵素の減少によって、消化が悪くなることで栄養が身体に吸収されなかったり、消化されないものが胃の中で腐るということが起こります。

そして、代謝酵素の不足によって、老廃物が身体の中に残ってしまい、脂肪などに変わってしまうということも起こります。

ですから、酵素を外から取り入れ、身体の消化や代謝を助けることで、摂った栄養分を理想的に吸収し排泄するという、身体の良い循環が生まれるのです。

ダイエットをしてもうまくいかない人のほとんどは、糖分や油分ばかりに注目をしてこの酵素に注目をしていないことが1つに挙げられます。

身体が酵素を作るような体質を取り戻し、不足分は補うという習慣を作ることで、太りにくい身体をつくっていくことができます。

冷凍しても茹でても、酵素は死んでしまう

野菜は、冷凍したり約50度以上になると酵素が死んでしまうそうです。

ですから、酵素の多い野菜を茹でて食べるよりも、生で食べるほうが酵素をそのまま取り込めます。

例)
ブロッコリー、キャベツ、小松菜、アボカド、レタス、セロリなど

また、酵素の多い果物をあまり冷凍しないか、生のものと併用するのが良いでしょう。

例)
キウイフルーツ、バナナ、マンゴーなど

ミキサーで酵素が減少する?

いろいろなジューサーやミキサーなどの宣伝で「酵素を活かしたジューサー」ということが謳われているものが多くあります。

ミキサーは刃が高速回転をするので、その回転する刃との摩擦で温度が上がり、そこで酵素が死んでしまうということが言われています。

もちろん、ジュースを作る場合には冷凍した果物などを入れないので、冷やすことができません。
常温の果物や野菜だけでジュースにする場合には回す分だけ温度が上がっていきます。
(ミキサーを回すだけでスープを作るものまでありますからね。)

たしかにその場合には、酵素が減少してしまうことはあるでしょう。

ここではスムージーですので、ある程度冷たいものを入れて冷やした飲み物を作ることを主眼としています。

冷やしすぎは胃に負担もかけてしまいますが、ミキサーの刃が高温にならないようにちょっとだけ冷凍したものを入れても良いかと思います。

そうすれば、刃も冷えて酵素の減少は最小限に防ぐことができるのではないかと思います。

もちろん、実際のところは回転の時間や温度などに関係してくるとは思います。

酵素を追加して効率良く酵素を取り入れる

野菜から酵素を摂ること以外に、酵素を効率良くとるために、酵素ドリンクや酵素サプリメントなどを摂ったりスムージーに一緒に混ぜることで酵素量を増やすことができます。

発酵食品などにも酵素がたくさん含まれていますので、そうした発酵されたものを食べても酵素を多く摂ることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で