煎り豆

煎り豆といえば、節分の豆

煎り豆

煎り豆といえば、、、、節分の豆ですよね。

歳の数だけ食べると健康になるという、あの豆です。

ポリポリとお菓子のように食べられますね。

この煎り豆、大豆です。

大豆をそのままフライパンなどで煎るだけで、節分の豆ができます。

カンタンなのに、、、、買ってしまいますけどね。笑

わが家では節分以外でも煎り豆をスナック代わりに食べています。

ソフト煎り豆と、ハード煎り豆

煎り豆には、ソフトタイプとハードタイプがあります。

これは好き好きなのですが、カンタンにいえば、ガリっとした堅いものか、スナックのようにサクッと食べやすくなっているかの違いです。

ハード煎り豆とソフト煎り豆の違いは、水に浸す時間だけです。

ハード煎り豆

  1. ザルに布巾を広げて、洗った大豆を入れる 。
  2. 布巾で包んで、熱湯をたっぷりかける。
  3. 30分ほど放置し、しっかり水切りをする。
  4. フライパンに入れて、最初は強火で 絶えず揺すり続ける。
  5. パチパチと音がしだしたら火を弱めて、15分ほど煎り続ける。
  6. 皿にあげて冷ませばできあがり。

ソフト煎り豆

  1. 豆を洗い、お湯に2時間ほど浸します。
  2. ザルに上げて1時間以上水切りをします。
  3. フライパンに入れて、最初は強火で 絶えず揺すり続ける。
  4. パチパチと音がしだしたら火を弱めて、15分ほど煎り続ける。
  5. 皿にあげて冷ませばできあがり。

煎り豆のネット通販

私はいつも、ネットで大量に大豆か煎り豆を買ってしまいます。

煎り豆を作るにも時間がそれなりにかかるので、常備しておくと便利です。

冷蔵庫などに入れておけば、乾燥状態が保てますので、オススメです。

amazon.co.jpで「煎り豆」を見る

楽天で「煎り豆」を見る