納豆と大葉で、細胞からアンチエイジング♪

納豆と大葉

納豆に大葉を薬味として入れました

納豆には何をお好みで入れますか?

ネギや鰹節、卵を入れる方もいらっしゃいますよね。
でも大葉(しそ)を薬味として入れて食べても、とても美味しいですのでぜひ試してみてください。

また、食べ方にもコツがあるので、ぜひ納豆のパワーを引き出して食べてみましょう。

材料:1人分

納豆:1パック
大葉(しそ):3枚(→大葉(しそ)の効果については、大葉とバジルの育て方とレシピのサイトをぜひご覧ください。

作り方

納豆は冷蔵庫からしばらく出しておきます。(5分以上)
②大葉をみじん切りにします。
納豆を50回ほど混ぜます。
④そのまま30分程度おきます。
⑤食べる前に大葉、醤油や辛子などの調味料を加えてできあがり。

納豆に含まれている「ポリアミン」を増やすことがでるので、若返りのパワーを高めましょう。

料理/食べ方のポイント

今話題のポリアミン納豆には多く含まれているそうです。

このポリアミンは、食べ方によって増やすことができるので、ぜひその効果的に食べましょう。

①冷蔵庫の温度では菌が冬眠状態なので、しばらく常温に戻しておきましょう。
②50回ほどかき混ぜましょう。50回くらいが菌が最大になり、それ以上かき混ぜてもあまり増えないそうです。
 ※卵を入れると更に増えるそうです。
③30時間ほど置いておくと、ポリアミンの量が1.5倍ほどに倍増するそうです。
④味付けは食べる直前にしましょう。


納豆のナットウキナーゼ、ビタミンK2、ムチン、大豆イソフラボン、ポリアミン、そして大葉のβ-カロテンが加われば、美容と健康に最強のコンビですね!

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

Twitter でSOY STORYをフォローしよう!