有機大豆使用 「きな粉豆乳飲料」めいらく

きな粉豆乳で、ダブル大豆

きな粉牛乳」という飲み物がありますが、その牛乳を豆乳に代えたものですね。

でも、豆乳きな粉入りということは、ダブルで大豆・・・ということになりますね。

きな粉牛乳、ならぬ、きな粉豆乳

でも単に豆乳にしただけでなく、有機大豆を使っているという点がこの飲料のウリですね。

種まき前の2年以上前から、禁止された農薬や化学肥料を使用せずに土作りをした畑で、栽培中も禁止された農薬や化学肥料をしようしていない

遺伝子組み換えではない大豆である

ということのようです。

きな粉牛乳、ならぬ、きな粉豆乳

有機大豆というのは、嬉しいですね。

スポンサーリンク

きな粉牛乳ではなく、きな粉豆乳であるメリット

豆乳なので、牛乳よりも健康的ともいえます。

きな粉牛乳、ならぬ、きな粉豆乳

一般的に、

カロリー比較(100gあたり)
豆乳(調整豆乳)……54kcal
牛乳(普通牛乳)……67kcal

ですが、今回はきな粉豆乳なので砂糖が入っています。

きな粉豆乳(調整豆乳)……69kcal
牛乳(普通牛乳)……67kcal

カロリーはほぼ同じですね。

きな粉牛乳、ならぬ、きな粉豆乳

この「有機大豆使用 「きな粉豆乳飲料」めいらく」では、砂糖に三温糖が使われていますね。

三温糖は、普通の砂糖のように強烈な甘さではなく、まろやかな甘さが特徴ですね。

もちろん、牛乳にはない、豆乳や大豆のメリットには、大豆イソフラボンやビタミンなど、たくさんのメリットがありますね。

有機大豆使用 「きな粉豆乳飲料」めいらく のレビュー

さて、飲んでみることにしましょう。

きな粉牛乳、ならぬ、きな粉豆乳

第一印象は、思ったより甘いです。

三温糖と書かれていたのでもう少し甘さが控えめかと思いましたが、通常の調整豆乳かそれ以上に甘さを感じました。

子どもたちには大人気♪

有機大豆で、牛乳を使わず大豆をたくさん採るために、有機大豆使用 「きな粉豆乳飲料」めいらくを飲むのも一つの方法ですね。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で