枝豆(えだまめ)

枝豆(えだまめ)は、大豆になる前の実

枝豆(えだまめ)は、大豆になる前の未熟な実のことです。

枝豆は、大豆だったの!?

ビックリする人も多いようですが、枝豆をほおっておくと大豆になるのです。

まだ乾ききって種の状態になっていない緑の豆を、枝付きの状態で茹でて食べていたことから、枝付きの豆=枝豆という名前がついたそうです。

枝豆を食べるのは、実は日本や中国だけ。

他の国では大豆になる前の状態で食べることは滅多にありません。

主に塩ゆでをして、そのまま食べます。

青大豆(あおだいず)と枝豆ってどう違うの?

青大豆(あおだいず)という、緑色の大豆があります。

え!?枝豆と違うの?

はい、、、大豆のように乾燥しても、なお緑色をしているのが青大豆です。

だから、枝豆とは違うものなのです。

通常の大豆よりも、糖分が高く甘いので・・・枝豆と間違えてしまうほどです。

枝豆(えだまめ) のネットショッピング

→ 楽天で「枝豆(えだまめ)」見る

→ amazon.co.jpで「枝豆(えだまめ)」見る

枝豆(えだまめ) を使ったレシピ

(準備中)