油揚げ(あぶらあげ)

油揚げ(あぶらあげ)は、豆腐を薄切りにして揚げたもの。

やわらかく中を空洞にするため、薄めの豆乳で作った豆腐を薄切りにして、水切りを行ったあと110〜120℃の低温で揚げ、180〜200℃の高温で連続して揚げます。

薄くて柔らかいため刻んで料理に使われることが多く、味噌汁やひじき煮、炒め物などに使われます。

また、吸いやすいやすく味がつきやすいためうどんに味付けの油揚げを乗せた「きつね」のようなレシピや、中が空洞になるのでお稲荷のように中に詰め物をするレシピにも使われます。

スポンサーリンク

油揚げ(あぶらあげ) のネットショッピング

油揚げ(あぶらあげ) を使ったレシピ

油揚げ(あぶらあげ)は、豆腐を薄切りにして揚げたもので、稲荷(いなり)などの皮として使われます。豆腐をそのまま揚げたものは厚揚げ豆腐と呼ばれています。油揚げに関する情報や、料理、レシピや食べ方などをご紹介します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で