内蔵に負担をかける肉食文化

肉食が広まったのは欧米文化が入ってきた近年のことであり、それから様々な欧米的な病気も増えてきたようです。
高コレステロール/高脂質の肉が、心臓や血管などを詰まらせたり、肥満の原因を創り出しています。

また、肉は食べてから消化に数時間がかかるため、胃の負担がとても大きくなります。
消化に時間がかかるために、消化前に寝てしまうと胃の中で消化されずに残り腐敗してしまいます。

そして、悪臭を伴ったガスが発生し、げっぷやおなら、体臭などへの影響も出てきます。

肉食は、胃や腸を酷使し、心臓や血管に負担をかけているのです。

妊娠中や授乳中に大豆は最適

妊娠中などカロリーコントロールを必要とする場合においても、肉食はあまりよくありません。
低コレステロール、高タンパクなので、カロリーコントロールに大豆は最適です。

授乳中などに肉類を食べると母乳の出が悪くなり乳腺が詰まるなどして、乳腺炎の原因にもなります。
また肉類を食べると母乳の質にも影響をしてきますので控えるのが良いとされています。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で